住宅購入費用を節約する|事前の返済計画や見学が不動産購入のときには必要です

事前の返済計画や見学が不動産購入のときには必要です

住宅購入費用を節約する

家と電卓

仲介手数料に着目

マイホームを購入する際には、本体価格のほかにも税金や仲介手数料、火災保険料などさまざまな費用が必要になります。資金計画を立てる際には、これらの分も考慮に入れておく必要があります。こうした諸経費のうち、税金などは法令で額が決められているので節約のしようがありません。しかし仲介手数料については、工夫次第ではより安く、場合によっては無料にすることも不可能ではありません。中古マンションなどの広告を見ていると、「仲介手数料無料」と書かれた物件を目にすることがあります。仲介手数料無料とは、文字通り本来ならば物件を紹介している仲介業者へ支払うはずの手数料が不要だという物件です。全物件に占める割合はそれほど多くありませんが、中には仲介手数料無料物件を専門に扱っている不動産会社もあります。

浮いたお金を有効利用

仲介手数料無料物件には2種類あります。1つは、不動産会社が前の所有者から買い上げて、自社物件として販売しているケースです。この場合は「仲介」に当たらないため、手数料を請求することができません。もう1つは、文字通り仲介手数料が無料になっているケースです。といっても、完全に無料であれば不動産会社の経営が成り立ちません。ではどうしているのかというと、売主側からのみ仲介手数料を受け取っているのです。法令上、仲介業者は手数料を売主と買主の双方から受け取れるようになっています。ただ、急いで買い手を見つけたい時、あるいは薄利多売をモットーとしている場合などは、手数料をディスカウントすることがあるのです。いずれにしても、仲介手数料無料は買い手にとってお得であることに変わりはありません。初期費用を節約できるとして高い人気を得ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加